少額不動産投資 投資初心者

【年収250万円や非正規でも投資はできる】不動産クラウドファンディングのオススメ理由

低所得でも大丈夫

貴方
年収500万円以上でないと、不動産投資は難しいのでは? 
物件や投資方法は限定されますが可能です。
管理者yasu
貴方
仕事が安定していないと不動産投資は難しいのでは?
はい、そうです。
管理者yasu
管理者yasu
何か出来る方法はないの?
それでは少額投資で運用可能なクラウドファンディングをご紹介します
管理者yasu

ここでは、年収250万円でも、また非正規雇用であっても投資可能な方法を解説いたします。

「自分には絶対に無理」「資金がゼロで投資なんて無理」と諦めていた人には、とても有効な方法です。

もっと詳しく

リスクを限定する

まず、何よりも大切なことはリスクを抑えることが大切です。

では、投資する際にどのようにしてリスクを抑えるのか。

不動産投資は、物件を購入することが前提です。

それを賃貸物件として運用し、入居者から家賃を徴収して住宅ローンなどの費用を相殺することにより収益化します。

購入した不動産を一定期間運用するため、税制面でのメリットがありますが、空室リスクや売却時の損失(利益)などの不確定要素があります。

不動産クラウドファンディングは、このようなリスクを軽減し、年収や職業などの要素にも合理的に対応できる投資方法です。

不動産クラウドファンディングを提供する企業については、別の記事をご覧ください。

一般的な不動産投資とクラウドファンディングの違い

通常の不動産投資とはアプローチ方法が全く違う不動産クラウドファンディング。

ここでは対比することでそれぞれの特徴を押さえます。

選び方

リスク

一般的な不動産投資では、当然ながらローンを組んで新築や中古の物件を購入することになります。

どんなに安い物件でも、1,000万円程度がコストと考えられます。

また、多額の借入額(借金)を抱えることを考えると、不安を感じることもあるでしょう。

それに対して、不動産クラウドファンディングでは1口1万円から投資ができ、5口、10口と申し込んで、投資額をコントロールすることができます。

物件

一般的な不動産投資では、物件を購入するので自分がオーナーになります。

一方、不動産クラウドファンディングでは、投資会社が物件の選定や管理を行います。

投資会社へ多数の投資家が資金を提供するので、投資家の立場になります。

安定性

一般的に、不動産投資は長期運用を前提としているため、簡単に比較することはできません。

長期的なリスクを前提とした運用となり、途中で物件を売却することも可能です。

不動産クラウドファンディングの場合は、1年などの短期運用なので、リスクは限定的です。

しかし、運用途中で解約することができないため、資金が固定化さてしまいます。

運用期間

一般的に、不動産投資は長期に渡ります。

それに比べて、不動産クラウドファンディングは当初から運用期間が定められており、1年などの短期運用が決まっているため、中長期的に投資したいと思っても、必ずこの期間で満了となります。

もし、中期的に投資を続けたい場合は、別のプロジェクトに応募し直す必要があります。

儲け

一般的な不動産投資では、不動産価格の幅が広いため、5%程度の利回りがあれば十分と言われています。

同様に不動産クラウドファンディングでも3~6%の利回りが想定されていますが、投資額が小さいため、反映される利益も当然小さくなります

リスクは限定的ですが、利益も限定的です。

クラウドファンディングのメリット

メリット

少額の資金で不動産投資可能

不動産クラウドファンディングの本質は、不特定多数の人から集めたお金で不動産に投資することなので、投資家一人当たりのリスクが少なく、少額の投資額でも投資が可能です。

そのため、多額の資金を借り入れる必要がありません。

ウェブサイトでプロジェクトの詳細を理解し、簡単に投資することができます。

投資対象となる物件の所在地、外観、管理情報などの詳細を記録することができます。

特に投資初心者は、プロジェクトの詳細がわからないと不安になるものです。

しかし、不動産クラウドファンディングであれば、その心配はありません。

サイト上で投資したいプロジェクトを選び、投資するだけです。

プロが管理運営

投資の詳細を気にする必要はありません。

不動産クラウドファンディングに投資したら、あとはリターンを待つだけです。

通常の不動産投資のように、修繕やリフォーム、毎月のメンテナンス、管理などの手間がかかりません。

不動産投資初心者でも、不動産クラウドファンディングで簡単に投資デビューすることができます。

情報の透明性が高い

不動産クラウドファンディングでは、投資対象となる物件の詳細な情報をそれぞれの公式サイトで提供しています。

投資対象物件の詳細情報やファンドのコンセプトなどが総合的に提示されているため、適切な投資判断を行いやすいです。

また、その中からファンドを選択することも容易であるため、投資に対する心理的なハードルが低くなります。

貯蓄者に受け入れられやすい

不動産クラウドファンディングが貯蓄者に受け入れられている理由として、「少額から投資できる」「リスクが低い」「オンラインで物件の選定や管理ができる」などが挙げられます。

従来、不動産投資は経済的に余裕のある人の特権でしたが、2009年の不動産特定共同事業法の改正により、小規模な物件の電子商取引が可能になり、多くの人が不動産投資を行うことができるようになりました。

ポイント

不動産クラウドファンディングの性質を考えると、貯金者がインターネット上のファンドという高金利の口座にお金を預けるという表現が適切だと思います。

※ただし、投資という側面からリスク管理は重要

注意点・デメリット

注意点・デメリット

大きな利益を出すことは難しい

不動産クラウドファンディングは、大きな利益を出すのには向いていません

手軽でリスクも限定的ですが、その分に比例してリターンも少ないのです。

仮に、利益をお小遣い程度に増やすことができたとしても

それに伴うリスクはゼロではありません。

元本割れのリスク

不動産クラウドファンディングにはいくつかのメリットがありますが、やはり投資であることは否めません。

リターンを受け取れない可能性は想定して、投資検討に当たりましょう。

リスク対策としては、インターネットでできるだけ詳細な情報を得たり、自分で物件に足を運んだりすることが挙げられます。

投資に限らず、何か新しいことを始めるときは、よく調べることが大切です。

人気がありすぎて投資応募が間に合わない

人気のあるサービスのファンドの中には、短期間で申し込みが殺到して、思うように投資できないものがあります。

特に、実績がある投資会社や上場企業が運用するファンドは、信頼性・安全性の高さから人気があります。

しかし、不動産クラウドファンディングのサービスは数多くありますので、そもそもそのような人気サービスを避けて、自分にとって投資しやすいサービスを探すことも可能です。

参考

受付方法を抽選や他の方法も取り入れている投資会社もありますよ。

登録から投資までの流れ

それでは、一般的なクラウドファンディング会社での登録から投資までの流れを見てみましょう。

全く難しいことはなく、どの不動産クラウドファンディングもほぼ同じです。

ネット申し込み

公式サイトで無料投資家登録を行う

どの不動産クラウドファンディング会社も登録を行うまでは無料で行えます。

登録してからは色々と各社のこれから運用が行われる情報や実績が閲覧出来るので、比較する為にも積極的に登録してみましょう。

登録後の流れ

各サービスの会員登録で個人情報や口座情報を入力すると、数日後に運営会社からハガキが届きます。

そのハガキに記載されている識別コードを入力すると、ウェブサイト上で本人確認が行われ、投資が可能になります。

その後、投資したいファンドのページに行き、投資口数を入力し、「重要事項説明書」と「仮契約書面」にチェックを入れ、「投資する」ボタンを押せば、投資が完了します。

尚、最低限1万円からのエントリーが出来てしまい、ビックリするほど簡単に投資が行えてしまいます。

楽な反面しっかりと他社比較、物件比較を行なってください。

簡単だからといってリスク管理を怠ってはいけません。

リスク

まとめ

今回の記事では、不動産クラウドファンディングがその特徴やメリットから注目されている理由を紹介しました。

「投資」と聞くと身構えてしまう方も多いと思いますが、不動産クラウドファンディングに関しては、投資目的に関する情報が網羅されており、少額の投資でリスクを軽減できるという意味で、投資初心者に持ってこいなサービスと言えます。

貯金をする感覚でできるので、従来の投資よりも気軽に始められます。

申し込みをするだけで、気軽に投資ができます。

おすすめの不動産クラウドファンディング会社については、以下の記事で詳しく紹介しています。

早速、不動産クラウドファンディングを始めてみましょう。

-少額不動産投資, 投資初心者

© 2021 サラリーマン投資初心者の羅針盤 Powered by AFFINGER5