投資初心者

初心者必見!不動産投資ローンのデメリットは?金融機関の判断材料も

不動産投資ローンに必要な年収と融資額の上限は?

ここでは、不動産投資ローンをご紹介します。

不動産投資ローンを利用すれば、わずかな資金で数百万円、数千万円、ときには数億円の投資が可能です。

不動産投資を始めて、不動産投資ローンを利用しようとすると、「普通の会社員である私が、不動産投資ローンを利用できるのだろうか?

普通の会社員である私が、不動産投資ローンを利用できるのか」と疑問に思うかもしれません。

アパート・マンション向けの不動産投資ローンを取り扱っている各金融機関の特徴を知ることで、適切な融資先を選ぶことができます。

金融機関の判断材料

不動産投資ローンを低く借りるための1つ目のポイントは「どの金融機関に相談をするか」という点です。

金融機関によって、何をどれくらい評価するかという基準が異なります.

自分を一番高く評価してくれる金融機関にローンの相談をすることが大切です。

融資審査では、借主の属性を判断するにあたって、各種判断材料が存在します。

ジャッジ

安定した収入

勤務先や職業(上場企業社員、公務員、医師など)

勤務年数(3年以上)

過去の年収など

 

返済の担保となるものを持っているか

現在の資産状況や今後の相続予定

保証人など

他にも返済すべき負債を抱えていないか

借入残高(不動産投資ローン、住宅ローン、車のローン、カードローンなど)

滞納を起こさないか

融資のやり取りでの受け答え対応

過去の返済実績や滞納履歴

金融機関のブラックリスト

チェック項目

すでに不動産投資用のローンを組んで長年返済してきた方は、優良顧客であれば通常よりも低い金利で借りられる可能性があります。

例えば、他の金融機関に借り換えの相談をして、どのくらいの金利でいくら借り換えられるのかをシミュレーションしてもらいましょう。

一番有利な金融機関のプランを持って、メインの金融機関の担当者に「この金融機関で借り換えを考えているのですが・・・」と相談をしてみてください。

多少の金利差ならば、相談に乗ってもらえる可能性はゼロではありません。

不動産投資ローンのメリットそしてデメリット

不動産投資のためにローンを組む場合、固定金利にするか変動金利にするかを決めなければなりません。

固定金利にも変動金利にもメリットとデメリットがあります。

双方を頭に入れて、自分に合った方を選ぶ基準にしましょう。

このように、住宅ローンと不動産投資ローンは、同じローンであっても別のものです。

ですから、住宅ローンを組んでいるから不動産投資ローンを組む(あるいはその逆)ということは通常できません。

不動産投資ローンを利用することで、自己資金にレバレッジをかけることができ、それが不動産投資の魅力の一つとなっています。

一方で、利息の額や借入年数は、不動産投資の収支に大きな影響を与えますし、借入額は当然、物件購入の判断に大きな影響を与えます。

不動産投資ローンを制するものは、不動産投資を制するといっても過言ではありません。

順調に増やす

不動産投資ローンとは、自分の居住以外の目的で第三者に不動産を貸し出すなど、投資や事業目的のためのローンです。

年収が多くても実績がないためにローンが組めないという方は、まずは地方銀行など他の金融機関の不動産投資ローンを利用して実績を積むとよいでしょう。

-投資初心者

© 2021 サラリーマン投資初心者の羅針盤 Powered by AFFINGER5