投資初心者

不動産投資初心者必見!不動産投資への姿勢(やり方)や戦略を考察

不動産投資初心者の投資に対する姿勢(やり方)や戦略を考えてみましょう。

検討

闇雲に高額物件の想定利回りを元に機上計算するわけにはいきません。

やはり始めは、少額物件から始めて、少しずつ積み上げて行く事が地道ですが成功への近道だと考えます。

そのために、まずは小さな物件に狙いを絞って、情報収集から始める事が肝要です。

情報収集については後日の記事で詳しく解説します。

よってここでは小さな取引についてのイメージを解説いたします。

小さな取引の大きなメリット

小さなアパート

小さな取引(物件の購入)から投資を始めれば、少ないリスクで多くの経験を積むことができます。

仮に物件が長期間空き家になったとしても、まだ余力がある為に、どっしりと構えていられます。

少しずつ、一歩一歩、ゆっくりと経験を積むことができます。

こうした小さな取引を経験する事で、実際の流れが把握できて今後の糧となります。

物件購入する際の支払い

サラリーマンだと、どうしてもまとまった金額を捻出するのが難しいケースもあります。

頭金なしで物件を購入したいという方も多いと思います。

また、反対の考え方も存在します。

初めての物件購入で経験も少ない段階で、大きな融資額(借金)をするのは怖い。

経験不足で失敗したときのことを考えると、リスクが高く危険だと思います。

ローンの金額が大きい=月々の返済額も大きい=リスクも大きいです。

家を買う

ケースバイケースによりますので、どちらが良いとは判断がつきません。

しかし、自分の中で提案に身を任せるのではなく、マネープランニングを想定しておきましょう。

 

物件の見極め

不動産には「良い不動産」と「悪い不動産」の2種類があります。

ココに注意

・良い不動産=家賃収入を得て利益を出している不動産。

・悪い不動産=家賃収入はあるが、経費や税金で赤字になっている不動産。

収益不動産への投資は、収入を生み出して初めて成功と言えます。

しかも、一時的なものではなく、長い目で見て「利益を出す」ことが大切です。

そこがポイントです。

良い物件に巡り合う為のルーティン

ネットで「不動産投資」「投資用マンション」などを検索するとたくさんの販売会社が出てきます。

また、SUUMOなどでも比較的簡単に物件概要が出ており情報がまとまっています。

ただし、あくまでも表面的な情報しか記載がありません。

不動産投資はネット検索で簡単に選べますが、慎重に検討しなければなりません。

では、どうやって検討するかは詳しくは後日記事をアップします。

ここではポイントだけをお伝えいたします。

ココがポイント

数社(数物件)を比較検討するコトが重要です。

それぞれの提案や条件などをマトリックス法などで数値化して、客観視する事が重要です。

商談の中でいかに冷静に比較出来るかが将来の収益化に大きな差が出てきます。

 

まとめ

一時的な儲けではなく、長い目で見て安定した収益を出すことが大切です。

小さなことを積み重ねることで、近い将来、大きなことになると思います。

人より少し時間がかかるかもしれませんが、一歩を大切に地に足をつけて進みましょう。

使い古された例えですが「千里の道も一歩から」を常に意識を持って物件情報にあたりましょう。

-投資初心者

© 2021 サラリーマン投資初心者の羅針盤 Powered by AFFINGER5