投資初心者

中古マンション投資初心者が成功する5つのリスクを回避する為の行動

中古マンション投資で成功するためのポイント

選択

中古マンション投資を成功させるためには、利便性の高い好立地で中古マンションを運用し、空室を減らして高い利益を得ることが重要となります。

ここでは、これらのポイントを利用して、中古マンションに投資する方法を説明します。

中古マンションへの投資を成功させるために

中古マンションへの投資は、一度始めると長期的には安定した収入が得られます。

それを成功させるためには、次のようなリスクを知っておくことが大切です。

これらのリスクに加えて、信頼できるマンション投資会社と協力することで回避できるリスクもあります。

5つのリスク

マンションの空室が長期化
運用方法がわからない
住宅ローン金利の上昇
初期費用以外の追加費用
売却時の資産価値の減少

リスク

これらは、マンションのオーナーなら誰もが直面する問題です。

しかし、予見可能なリスクは事前に回避することができます。

信頼できる不動産投資会社を見つける

一番大切なのは、信頼できる不動産投資会社を見つけることです。

最適な投資会社

あなたがパートナーとして選んだ不動産投資会社が、経験と成功に基づく確かなノウハウを持っていれば、リスクへの対処法を知っているはずです。

そんなマンション投資会社は、収支が赤字にならないように、各オーナーに最適な管理プランを提案してくれるはずです。

その為にも、必ず数社は不動産投資会社のセミナーや面談を行い、各社の違いや自分の戦略をブラッシュアップする事が重要です。

貴方のペースで不動産投資会社を良い意味で活用! 貴方の財産なのだから

 

中古マンションに投資する際の注意点

利便性と立地にこだわる

中古マンションに投資する目的は、高いリターンを得られることが多い単身者向けです。

単身者向けの物件は家族向けの物件に比べて入居期間が短く、3月、4月に空室が発生します。

しかし、空室が発生しても、住み心地や立地などの条件が良ければ、またすぐに入居が決まる可能性が高いと思います。

そのため、高い利益を得るためには、単身者に好まれる1Rマンションを検討してみましょう。

入居者ターゲット

学生街の場合は春の入れ替わりシーズンで退去後に入居が決まらないとその後長く空室が続く可能性があります。

学生は一度住むと長く住み続けてくれます。

しかし、周辺に類似物件が多数存在していると、長期空室のリスクや優先的に客付けする為の広告費が嵩むことも考えられます。

また、社会人単身者の場合は、通勤に便利で、帰宅が遅くなってもアクセスに困らないようなエリアを選ぶとよいでしょう。

そのためには、駅や街の中心部から5分(どれだけ離れても10分以内)、近くに遅くまで営業しているスーパーがあるなど、立地や利便性の高い物件を選ぶとよいでしょう。

利回りの違いを理解する

利回りには2種類あります。

それは「表面利回り」と「実質利回り」です。

"表面利回り"とは、年間の家賃収入の合計を分母で割ったもので、ちょうどマンションの購入価格にあたります。

"実質利回り"とは、年間の家賃収入の合計額を、マンションの購入価格だけでなく、仲介手数料などの諸経費の合計額を分母として割ったときの利回りのことです。

中古マンションを購入する場合は、諸経費を含めた実質利回りを確認しておくと、利回りと収入のギャップに悩むことがありません。

空室リスクを考える

中古マンション投資の場合、収入は家賃だけです。

空室になってしまうと収入はゼロになってしまうので、空室対策は重要です。

立地条件が良く、設備が充実しているエリアの中古マンションを購入することで、居住率を上げることができます。

また、空室であっても家賃収入を得る方法として、サブリースがあります。

この方法では、不動産会社に物件を貸し出し、空室対策を含めた入居者管理を行います。

空室リスクを極力回避出来ますが、その分賃料収入が減少してしまいます。

シニア向け、ラグジュアリー向けが主流

現在のトレンドに加えて、シニア層や高級志向の人々が中古マンション市場に参入することが予想されます。

高齢者が増えているという社会的な傾向から、中古マンションを借りる高齢者の割合も増えていくでしょう。

ホワイトカラーの独身者だけでなく、退職した高齢者にも好まれるマンションを探すことが大切です。

また、最近の傾向では高級感のある物件を作っています。

高級感のあるアメニティも求められるのが世の中のトレンドのようです。

 

-投資初心者

© 2021 サラリーマン投資初心者の羅針盤 Powered by AFFINGER5