シエリアタワー千里中央 to Next Trust 構造・セキュリティ
日々の暮らしを守る先進のシステム。日々の暮らしを守る先進のシステム。
  • 構造
  • セキュリティ
大林組独自の連結制振構造タワー。「デュアル・フレーム・システム(DFS)」を採用。
  • 連結制振構造システム(イメージ図)

  • 地震力を低減、耐震性・耐風性も高いデュアル・フレーム・システム。地震力を低減、耐震性・耐風性も高いデュアル・フレーム・システム。
    • 千里の新たなシンボルとなる「シエリアタワー千里中央」は、大林組独自の連結制振構造を採用。1つの建物の中に独立した2つの構造体(心棒、超高層住宅棟)を構成し、この二つの構造体を制振装置(ダンパー)で連結する制振構造システムです。硬い心棒と超高層の柔らかい住宅棟の揺れ方の異なる二つの構造体をダンパーでつなぐことで、ダンパーが地震入力エネルギーの多くを消費し建物の揺れや損傷を軽減します。
    柱や梁の少ない広い居住空間を創出。柱や梁の少ない広い居住空間を創出。

    高い制振効果により、住宅棟を構成する柱や梁にかかる力が小さくなるので、住戸内が柱・梁の少ない広い居住空間となり、多彩な平面プランニングが可能となります。

    立体駐車場の遮音性能が向上。立体駐車場の遮音性能が向上。

    騒音源となる立体駐車場を、中央部の心棒の内部に配置することで、住宅への騒音を軽減できます。住宅棟と立体駐車場との隙間を、通気・換気・設備機械置き場に有効利用することもできます。

    長周期地震から直下型地震まで幅広い領域で地震の揺れを抑制。長周期地震から直下型地震まで幅広い領域で地震の揺れを抑制。

    揺れ方(周期)の異なる二つの構造体で建物を構成することにより、海洋型から直下型まで様々な地震動に対して揺れ易い構造体の揺れを一方の構造体が抑制します。

構造の見えない部分にまで、クオリティを徹底追求。
  • 直接基礎直接基礎
    • 地盤調査の結果から、支持地盤となる強固な地盤の位置・深さを把握した上で、地盤・建物計画に応じた基礎設計を行っています。「シエリアタワー千里中央」では、ボーリング調査を行い、安定した支持地盤を支持層とした直接基礎により建物を支えています。
  • 耐震性に優れた柱構造耐震性に優れた柱構造
    • 主柱には継目が溶接された溶接閉鎖型のフープ筋を採用しています。【溶接閉鎖型】は、工場で特殊溶接した帯筋のことで、コンクリートを拘束する能力が高く、通常の帯筋よりも大地震時の粘り強さに優れています。コンクリートの拘束に威力を発揮し、地震による柱の折れ曲がりを防止します。
  • 外壁外壁

    外壁には、約100mm厚のALC(軽量気泡コンクリート)パネルとECP(押出成形セメント板)パネルを採用。外壁の屋内側には断熱材(一部除く)を吹付けた内断熱を施しています。※仕様については部位により異なります。

    戸境壁戸境壁

    戸境壁厚は約140mm。グラスウールを充填した耐火遮音間仕切を採用しています。

  • 床構造床構造
    • ■直床※3階~41階
      コンクリートの上に直に仕上げ材を貼るフローリング仕上げ。“軽量床衝撃音”を低減する遮音クッション材を床の仕上げ材とコンクリートの床との間に貼ります。この遮音クッション材の柔らかさが、床の遮音性能を確保する重要なポイントとなります。

    • ■二重床重床※42階~52階
      二重床とは、防振ゴムのついた支持脚で床全体を支え、床の仕上げ材とコンクリートの床の間に空間を設けた床構造のことです。床の振動を防振ゴムで吸収し、軽量衝撃音を低減することができます。

  • 角住戸のコーナーは視界がワイドなハイサッシ。角住戸のコーナーは視界がワイドなハイサッシ。

    角住戸のコーナー部分には、ハイサッシを採用(一部腰窓等を除く)。3階~29階は、高さ約2.1m。30階~40階は、高さ約2.2m。41階は、高さ約2.4m。42階~51階は、高さ約2.3m。52階は、高さ約2.7mとなります。コーナーサッシの眼前には大きな視界が広がり、ダイナミックな眺望を楽しめます。

  • より厳密な審査を受け認定を取得した国土交通大臣認定の超高層マンションより厳密な審査を受け認定を取得した国土交通大臣認定の超高層マンション

    建築基準法に基づき超高層建築物などの構造の安全性に関する性能評価を受け、国土交通大臣による認定を取得。超高層マンションとして、高い安全性を目指した評価を行っています。

  • セキュリティ